*

ヒアリング能力を磨くためには

   

ヒアリング能力を高めるには、とことん英語を聴くことが必要となります。

そもそも聴くことのできないような発音は、言葉にすることさえもなかなかできないものです。

しかし、今聴きとることが難しいものでも、聞き慣れてしまえば簡単に聴き取れるようになりますし、いずれ言葉にすることもできるようになります。

ただ、この「慣れる」ということを非常に難しく考えている方が多いみたいです。

実はこの「慣れる」ということを他のことにいざ置き換えてみると、とても簡単なことなのがわかるでしょう。

例えば、今までに一度も聴いたことがない音楽があり、あなたがその曲をとても気に入ったとしましょう。

気に入った曲であるなら、あなたは何度も何度もその曲を繰り返し聴くことでしょう。

それはいずれその歌詞を覚えて、口ずさむようになるかもしれません。

英会話のヒアリングも実はこの「慣れる」も同じことなのです。

好きか嫌いかは置いておいたとしても、目で文章を追わなくても、繰り返し繰り返し聴くことでそのうちに口から自然と出てきているはずです。

あとは知らず知らずのうちに覚えた曲がたくさんあるのと同じように、たくさんの英会話が蓄積されていくということです。

とにかく、一番のポイントはたくさん、そして繰り返し繰り返し聴くことです。

別に一生懸命に聴く必要はまったくありません。

ただ何度も何度も聞き流すだけでも良いのです。

ただこの「聞き流す」ということは、ただひたすら音を鳴らしているだけのことではありません。

言葉を全部理解しようとはせず、わからないことでもとにかく気にせずに、言葉のリズムを感じていくということです。

そこを勘違いしないようして気をつけながら取り組んでみましょう。

繰り返し訓練していけば、間違いなく数ヵ月後には言葉を感じられるようになっていくはずです。

よく聞くことに英会話をゆっくりとしたスピードで聴きとるなどして、成長してから早くしていくなどという学習方法ありますが、出来れば最初から速いスピードで学習したほうが効果的です。

最初から早い会話に慣れておくと、ゆっくりとしたスピードで会話した時などは言葉を理解するのにとても余裕が生まれます。

逆にゆっくりとしたスピードの会話に慣れると、実際の会話の場面において、結局言葉を理解することができないことが多いからです。

したがって、英語を聴く場合にはできるだけ標準以上のスピードの会話に慣れておくべきですし早いスピードをヒアリングすることでヒアリング能力は高まるのです。。

 - 英語4技能対策