*

リーディング能力を高めるには

   

リーディング能力を高めるためには英語を流れで読むことが重要です。

英語の本を読んでいると知らない単語が出てきて戸惑い、なかなか先に進めないことがありませんか?

英語の本を読むことに慣れていない人の多くがまずは単語の壁にぶち当って、英語の本を読むことをやめてしまうようです。

そして今度は単語を覚えることから始めようとするそうです。

しかし、英単語を全てを覚えることはなかなかできませんよね?

そもそも英単語なんて、何万、何十万、更に熟語も含めると本当にたくさんの言葉があるのです。

英単語を覚えることももちろんとても大切なのですが、英単語を英単語のまま覚えることは実はそれほど重要なことではないのです。

実際に英語の文章を読んでいても、たとえ知らない単語があったとしても、前後の流れでなんとなく英語の意味を感じることができるはずです。

「読む」ということは言いかえれば、流れを読むともいえます。

辞書を片手に全てを和訳していくのもいいですが、そうではなく、辞書を持たずに流れを読んでいくことに専念して英語の本を読んでみてはいかがでしょうか?

実は中学校、高校などで英語を学んだことがある人ならば、意外と読みすすめられるものです。

それでも無理な場合は、本当に分からないところだけ辞書などでを調べて、あとは流れに沿って文章を感じ取っていきましょう。

それこそが英語力を身に付ける秘訣だと思います。

そして、単語を調べる際にも英語辞書を使うのではなく、英英辞典などを使うことも大切です。

日本語と英語では時として、微妙にニュアンスが違ったりすることがあります。

せっかく英語力を鍛えると決めたのですから、英英辞典などを使って、徹底的に英語漬けになるべきです。

また、英英辞典を使うことで他の例文などを英語で読むことになります。

そういった英語の例文を読むことで、その英単語の理解度が更に上がるはずです。

英語を英語のままで、日本語で考えないことはリーディング能力を高める上でとても大切なことです。

具体的な学習方法として、英和辞書はなるべく利用しないで、文章をがんばって前後関係で読んでいくところから始めていきましょう。

もちろん、はじめはなかなか読むことができずに全く理解できないようなこともあるでしょう。

しかし、何度も何度も繰り返すことで、英文書の理解度が必ず上がっていくはずです。

まずは簡単な英語の絵本などから始めるのもいいかもしれません。

そして理解できるようになったならば、徐々に難易度を上げていくべきです。

英字新聞も大変参考になるでしょう。

英字新聞は価格も安いですし、時勢なども知ることができるので大変おすすめです。

最後に、英英辞典は常にそばにおいておきましょう。

英単語を英語で覚えることで何よりも英語力がつきます。

まだお持ちでない人はぜひ英英辞典を購入することをおススメします。

きっとあなたの役に立つはずです。

 - 英語4技能対策