*

ライティング能力を高めるには

   

ライティング能力は英語を学習するにあたって、「聴く」・「話す」・「読む」・「書く」の英語4技能の中で一番難しいのではないでしょうか。

聴くことは慣れればそれほど難しくはないですし、話すことは身振り手振り、そしてコミュニケーションで何とか乗り切ることも可能なはずです。

また、読むことは比較的簡単にできるようになると思います。

しかし「書く」ということは、もちろん英単語を知らないと難しいことですが、それ以上に英語の言い回しをまずは覚えなくてはなりません。

日本語でも丁寧に文章を書く場合もあれば、友達へ気軽にメールを送る場合などのように少し砕けた書き方をする場合もあります。

英語も同じように場所や場合によって、文章の言い回しが少しずつ変わってきたりします。

したがって、最初は自分で英語の文章を一から考えようとはしないで、誰かの言葉や文章をひとつの雛形として、参考にさせてもらいながら必要な部分を付け足していったりしたほうが確実によい文章ができますし、学習にもなります。

このような方法を何度も何度も繰り返していくことによって、いつの間にか自分の英語の引き出しが充実してきて、臨機応変にその時々に文章を書けるようになるはずです。

まず最初はいいなと思った文章を書き溜めることから始めていくといいでしょう。

英語で文章を書いていくのはそれからです。

効果的な学習方法ですが、誰かの書いた文章をコピーしていくことからはじめて、次にその文章を改変することにチャレンジしていきましょう。

そうすることで、文章のテクニックを徐々に身に付けていくことができるはずです。

その後は自己紹介文などを書いてみましょう。

実際に外国人の方と接するときなどには必ずと言っていいほど最初は自己紹介をすることになると思います。

そこでまずは文章として書き溜めておくことで、実際にそういうシチュエーションになったときでも慌てずに対応できるようになるはずです。

ポイントとしてはこの自己紹介文も誰かのひな型となるような自己紹介文を持ってきて書き換えてみるととりかかりやすいかもしれません。

人によっては自己紹介の仕方も多種多様です。

何人かの紹介文を読み比べてみるのも勉強になりますし、面白いはずです。

ぜひ試してみてください。

このようにライティング能力高めるためには英語でいろいろな文章を書くことにつきるでしょう。

 - 英語4技能対策